www.johnnybphoto.net

「全損」とはその名称が示すように全てが故障した状況言い換えれば走ることが出来ないという状況の乗用車として役目を果たさなくなった状態で判断されますが、自動車保険で言う全損は多少違った意味合いが込められています。保険の場合では自動車が損傷を受けた状況で《全損と分損》という風に2つに仕分けされ、『分損』は修理費が補償金内でおさまる状況を示し、それとは逆に「全損」とは修復の費用が保険金を上回る状況を言います。通常、修復で全損という状況ではエンジンに修理できない打撃を抱えていたり自動車の骨格が歪んでしまって修復が無理な場合、再利用か処分と決められるのが当然です。けれども、自動車の事故を起こして業者や保険屋さんがかかる修復のお金を算出した時に見た感じが問題なく修復が可能な場面でも修理の費用が補償額よりも大きくてはどうして自動車の任意保険に入っているのか分からなくなるでしょう。そのような状況では《全損》と結論付けて愛車の所有権を保険会社へ譲って保険額を受けとる事になっています。当たり前の事ながらかなりの期間所持した車でこだわりがあり、自分でお金を出して修理して運転したいと希望する人は多数いるので場合において自動車保険の会社と確認しあうといいかもしれません。なお、自動車任意保険にはそういった場合が想定され車両全損時諸費用補償特約等【全損】時のための特約を設けている場面がたくさんあり万が一自家用車が【全損】なった際でも新しく車を買う等の経費をある程度補償してくれる状況も存在します。尚盗まれた時の保険額の特約をつけていると盗難被害にあった乗用車がなくなった状態でも《全損》とされ補償金が払われるサービスになっているのです。

Link

Copyright © 1996 www.johnnybphoto.net All Rights Reserved.