www.johnnybphoto.net

ビギナー向けの外国為替証拠金取引の本では、「損失を被った状況ではナンピンで、平均の買い付け価格を小さくする事が出来る」などと記述されていますが現実的にはここには目に見えないリスクがあると思います。最初に、ナンピンのロジックについて手短に記述します。一例として100円で1ドルを買ったとします。$(ドル)買いだから、円安ドル高に推移するほど利益を得られますが不幸にして1ドル=95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。このままの状態でポジションを所有し続けたら、マイナスをなくすためには、マイナス分円安が進まなければなりません。誰もが、マイナスは早く取り戻したい願うだろう。この状況を変えるためはじめに売買したのと同額のドルを買い増しする。それによって、ポジションの平均の単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。要するに、2円50銭の幅で円安に向えば、マイナスを失くせます。こういったことがナンピンの理屈です。このような、ナンピン買いのやり方を聞くと、「納得だ」という気分になるが市場は容易には問屋を卸しません。元々、95円が底だということなど、誰も分かるわけがありません。もしも、相場が強い円高動向だとすれば、1ドル95円では下げ止まらずに、より一層円高ドル安にいく確率が高くなります。仮定として、97.50円でナンピンをするとしても95円までドル安になったとしたら、ナンピンを入れたポジションも、赤字が生まれてしまいます。それでは、最初に持ったポジションとあわせて二重の損を被ります。このように、ナンピン買いはややこしいです。であるなら、相場が己のストーリー展開とは逆向きにどんどん行ってしまった場合、どんな方法で危機を軽減すればいいのだろうか。この場合取るべき手段は2つ。ひとつはあきらめて、損失を確定する事です。別の方法としては、その時に、自分が持っている買いポジションを小さくする事によって再び外国為替市場が元のようになるのをじっと待ち望む事だけです。相当弱腰の手段だと感じる人もいるだろう。けれども、自分が所有している買いポジションに損失が生じた場合、一番危険の少ない方法はこれ以外には考えられない。なるほど、ロジックのうえではナンピンをする手法もあるように思える。しかしナンピン買いは損失を披っている状態にもかかわらず買いポジションを減少させるどころか反対に買いポジションを重ねていく対策です。この方法では、リスクを制御することなど、どう考えてもやりようがないと考えたほうがいいです。ナンピンをしていけばいずれは儲けが出るかもしれません。だが、それより先に投資資金はショートしてしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.johnnybphoto.net All Rights Reserved.